class="post-template-default single single-post postid-5373 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

キャンプスタイル【tomoyan726】

朝は幻想的な景色に感動。 早起きしてよかった。 . . ふもとっぱらキャンプ場

今週末あたりから寒くなってくるとの予報が。 . ますますキャンプで焚き火したくなりますね。

ここのところ月1ペースで行けているキャンプ。 . 12月はまだ…… . 出来れば月2が理想だけどなかなかそううまくはいかないんですよね。 . . ふもとっぱらキャンプ場

テントの張り網は全部張ります。 テントの綺麗なフォルムが出て気持ちがいいから。 もちろん風対策としても。

スピードマスター全部に惚れ込んでます。 ついにヴィンテージキャンプギアの沼に足を踏み入れてしまったようです。

12月に入りそろそろ薪ストーブでぬくぬくキャンプがしたい。

アルコールバーナー。 その五徳にトレーを装着して固形燃料ストーブに変身。 安定した火力で安心。

オップランド内部。 サーマレストのリッジレストソーラーの上にナンガのオーロラ750DX。 . マットレスは地面からの冷気を遮断する効果と、寝心地の良し悪しを左右する重要な道具。 購入する際、これは慎重に選ばないといけないなと思いました。 . 冷気をしっかり遮断してくれて、尚且つ永く使える物がいいなと思い、耐久力のあるウレタンマット系を考えました。 . 実際に使ってる方々の口コミ等を参考にさせていただき、 最終的に同じサーマレストのZライトソルと2択になり、比較。 . 厚さはどちらも同じ。 リッジレストソーラーの方がR値が高く、重量が330㌘重い。 重いと言っても700㌘くらい。用途が登山ならより軽い物が求められるだろうけど、今のところ主にオートキャンプしかしないからこれくらいの差なら全く問題なし。 . 最終的な決め手はサイズ。 リッジレストソーラーはラージサイズがあり、63×196㎝。 Zソルライトは大きくてレギュラーサイズの51×183㎝。 これだと自分のサイズギリなんでリッジレストソーラーに決めました。 余裕持ちたいタイプなんです。 . ちなみに買ってから知りましたが、マットは寝た際に肩からお尻まで当たってることが目安らしく、あとは枕や荷物で補えるらしい。 でもそれはたぶん登山家の場合。 . 今までこのマットで何回もキャンプしてますが、寒さを感じたことはないし寝心地も問題ない。現状満足してます。 . 何か不便を感じることがない限り買い替えはなし。

キャンプ前日にひらめいたゴミ箱。  ロースタイルの高さに合うゴミ箱を持っていなかったから、何かいい方法がないかなんとなく考えてました。 2本の鉄杭を打ち込みカラビナを付けてそこに麻袋を掛ける。 張り具合で麻袋の口の開きは調整可能。  麻袋はコーヒーショップ等でもらえるところもあるので経済的でいいですね。

この前のキャンプ飯。 夕飯はやきとり缶詰を使って焼き鳥丼とハンバーグ! 残念なことに焼き鳥丼の黄身が崩れてしまいました。 諦めず2つ目にトライ。それも崩れ、贅沢に2つの黄身が乗っかってます。 その分黄身がたくさん絡んで美味しかったから結果オーライってことで。

今回キャンプでデビューしたボックス。 前回キャンプで1つ使いましたが、2つ目を作成して、間に一枚板を設置。 全てウォールナットで作成しました。 収納になり、棚にもテーブルにもなる。 用途がいくつかある物は使いやすくていいと改めて実感。 もう1つ作ればL字キッチンも出来ますね。

久しぶりのソロキャンプ。 浩庵キャンプ場で紅葉キャンプもいいなと思って、 一度浩庵まで行きましたが、 林間サイトの湖側が空いてなさそうだったので引き返して安定のふもとっぱらに。 やっぱ広々のんびり最高!

 

View this post on Instagram

 

tomoyaさん(@tomoyan726)がシェアした投稿

——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。