class="post-template-default single single-post postid-5915 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

ブロンプトンと粕川オートキャンプ場・写真/ブログ

前回の投稿で、強風と登り坂のため、急遽変更した粕川オートキャンプ場にて、みなさまとの交流で幸せな気持ちに包まれながら沈没していった私おはようございます。朝です。

私もブロちゃんも寝袋(私はモンベルのダウンハガー800 ♯3、ブロちゃんは輪行袋)に包まれてインナーテント内で一緒に熟睡できました。

このインナーテント内のメッシュポケットには、前日の晩酌予定の「柿の種わさび味」達が、クーラーボックスには、最近よく飲む缶チューハイの「贅沢搾りレモン味」が残っており、本当に昨日、晩酌前に沈没したのだなということが分かりますっ笑

ちなみに、ずっとクーラーボックスに入れっぱなしにしていた500mlのペットボトルの水は、まだ3分の2ぐらいが氷のままという状態で、簡易的な構造の割になかなかの保冷力と言えます。

ちなみに、テント泊の旅でも、私はキャンプ場で朝食を食べることにはこだわらず、むしろ現地近くの行ってみたいお店でモーニングなどを頂く予定を立てることも多いのですが、このときは珍しく前日からなかなかその予定を決めることができませんでした。

でもそんな時、ふと気がつくと、何故か昨日「念のために」と2本買っておいて1本まだ残っていた「缶コーヒー」と、「美濃のまほろばゴールドワン」の女将さんから頂いた「自家製パン」も2つあったので、山と粕川を眺めながら外で朝食を頂くことに、 前日に引き続きぽかぽか陽気で、風も朝になって陽がのぼってきてからはほとんど止み、雲ひとつ無い空、大自然に抱かれるような気持ちの中、とても美味しく朝食を頂くことができました。

昨日女将さんからパンを頂いた時から、この急遽変更した粕川オートキャンプ場にて、この雄大な景色を眺めながら朝食をとることになることがすでに決まっていたのかもしれない、と思うと、人生の味わい深さを感じるとともに、ますます女将さんに感謝の気持ちが湧き上がってきました。

今回の旅でまだ使っていなかった「ヘリノックスグラウンドチェア」も大活躍です。

最初はテント近くの場所から山と粕川を眺めながらのんびりとパンを食べていたのですが、パンを食べ終わったところで、せっかくならもっと粕川に近づいてみようということで、椅子とテーブルと缶コーヒーだけを持って移動します

椅子(ヘリノックスグラウンドチェア)もテーブル(SOTOフィールドホッパー)もどちらもとてもコンパクトで軽量なので、移動もとっても簡単です。近づくとやはり川の流れもなかなかの迫力で、マイナスイオンをたっぷり浴びながらその時を堪能しましたっ。

これが無料のキャンプ場で、それがゆえに事前予約不要であるならば、ますます使い勝手が良く(例えば、今回私も何の手続等もすることなく臨機応変に宿泊地を変更できました)、私が訪れたのは平日だったのでまだゆとりこそありましたが、これは休日ともなるととても賑やかな人気の場所になるのだろうなと想像いたしました。

とても魅力的な場所で過ごすとても素敵な時間に感謝しつつ、そろそろ撤収作業です「MSR HUBBA HUBBA NX」のインナーテントとフライシートの間の前室に、折り畳まれた状態で綺麗に収まる私の相棒「BROMPTON」 BROMPTONのステッカーの上には、私がこのBROMPTONを購入した、愛知県名古屋市中川区福住町にある自転車店「GO CYCLE」さんのステッカーが貼ってありますこちらで購入すると、イケメン(自称・・・諸説あり笑)の中村店長が、永年無料で、タイヤに空気を入れたり、油を注したり、こちらで購入したスマホホルダー等のカスタムパーツの調整をしてくださったりと、いつも手際よくしっかりと整備をしてくださるので、本当に毎回安心して旅をすることができます

この場をお借りして、中村店長、いつも本当にありがとうございます。 それにしても、テントのグラウンドシートの乾かし方、いかにこのとき無風で、周りに全く人がいなかったからとはいえ、横に寝かせて2点をペグで固定してあるだけって、やんちゃで雑過ぎる・・・ いずれにしましても、再びパッキングも完了したので、いよいよ2日目また動き出します。長くなりましたので、続きはまた次回の投稿にてみなさま、毎回この長文にあたたかくお付き合いいただき本当にありがとうございます。

 

 

View this post on Instagram

 

☀️写真や動画を撮りながらぶらり旅☀️さん(@hubba_hubba_nx)がシェアした投稿

 

 

出典:粕川オートキャンプ場
https://www.town.ibigawa.lg.jp/kankoujyouhou/0000006141.html
一級河川「粕川」沿いに17ブースのサイトが用意されたオートキャンプ場です。対岸には、パターゴルフ場やグラウンド、ランニングコースもあります。オートキャンプ場として、また川と親しむ公園として、大勢の家族連れなどで賑わっています。

予約 予約の必要はありません。

料金 無料

施設

  • トイレ あり
  • 飲料水 なし
  • 炊事棟 なし
〒501-0626 岐阜県揖斐郡揖斐川町瑞岩寺

——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。