class="post-template-default single single-post postid-6229 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

車も大事なキャンプギアのひとつ「ランクル70でキャンプに行こう」写真/ブログ

スタッドレスタイヤ交換の時期… 35インチタイヤ交換は 初恋の片思いくらい重い!

でも! 腰砕けで交換した先には 雪深い白銀の世界が待っているのです。

子供の頃 雪が積もると何故だか妙に 静かだった覚えがあります… 大人になってもあの静けさを求めて…

 

View this post on Instagram

 

1984年11月、それまでの40系に代わりデビュー。
足回りは前後共にリーフスプリングとリジッドアクスルの組み合わせだったが、1999年のマイナーチェンジにおいて前軸のみリーディングアーム+コイルスプリングに変更された。

1984年 – 2004年の販売時期は、ピックアップについては日野自動車からの継承であるハイラックスとのラップが避けられないため、日本国内および北米などハイラックス4WDの販売エリアでは(一般向けには)発売されず、逆にオーストラリアや新興国などランドクルーザー70 ピックアップの販売エリアではハイラックス4WDは発売されていない。

2004年7月日本国内での販売終了。
2007年3月オーストラリアを皮切りに、フロント周りの意匠を大幅変更した新型がデビューした。尚、このモデルは2014年8月から2015年6月まで日本でも期間限定販売された(詳細は後述)。

これは新型のV型8気筒(1VD-FTV)ディーゼルエンジン(4461cc、インタークーラーターボ)を今までの狭いエンジンベイに収めるにあたり、余裕がなかったためと思われる。 ちなみに1984年のデビュー以降、フロントマスクの変更は3度行われているが、ボンネット全体が大きく変更されたのはこれが初めてとなる。

またWAGONが新たに設定され、かつては日本国内専用であったセミロングホイールベースが再びカタログモデルとなった。

海外向けには、全クラスのランクルで伝統的にSTD(スタンダード)をはじめとするロワーグレードの設定があり、エアバッグ表記のレス仕様(主に中東地区向。エアバッグ機能あり)、ABSなし(LSPVは装備)、サイドステップなし、オーバーフェンダーなしのナローボディー、日本向けピックアップでも設定されたチューブ入りタイヤ&スチールホイール、ビニール内装、フロントベンチシート、トゥルーパーキャリア仕様車には荷室向かい合わせシート(ショート7人 / ロング10人乗り)などのバリエーションがある。
ホイールベースはショート 2,310 mm(70,71)、ミドル 2,600 mm(73,74)、セミロング 2,730 mm(77,76)、ロング 2,980 mm(75,78 国外向けおよび国内消防用シャーシ)、スーパーロング 3,180 mm(79 国外向けおよび国内消防用シャーシ)の5種

 

View this post on Instagram

 

勝又さん(@momotaro_katsu)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

LOWRIDER7さん(@low_rider_7)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

llbear77さん(@llbear77)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

バヤシさん(@baya60830)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

SANOAUTOさん(@sanoauto)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

shingo watanabeさん(@ps.gabu0314)がシェアした投稿

——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。