class="post-template-default single single-post postid-2240 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

ローベンス カイオワ ・キャンプ・写真/ブログ

週末のイベントキャンプ楽しみー
おおさかキャンパル さん主催のイベントキャンプに参加します。
どのテントで参加しようかなぁ
もし行かれる方がいれば、よろしくおねがいしまーす。

 

View this post on Instagram

 

aki,s campさん(@nara_no_moyasi)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

ucchiiーーー⚘さん(@uuutico)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Kazusaさん(@chigohaya)がシェアした投稿

ローベンス カイオワ ・ Robens Kiowa
2018年モデル
収容人数:10人
使用時サイズ:580 x 450 x 高さ320cm 、収納サイズ:93 x 28 cm、重量:23.4kg
テント素材:ハイドロテックス ポリコットン (65%コットン/35%ポリエステル)、フロアシート:ジッパー脱着式, 210Tオックスフォード100%ポリエステル,耐水圧5000mm
付属品:ペグ・ガイロープ・Zip-inフロアシート

スタイリッシュなルックスと快適性を兼ね備えた人気モデルです。 大型のポーチ(前室)を備えており、かがむことなく出入りが可能で、大人数での使用時でも快適さを損ないません。

また、素材にはROBENS独自開発のHydro Tex〓ポリコットンを採用しており、夏は涼しく、冬は暖かくオールシーズン使用可能です。 付属のフロアシートはジッパーで簡単に取り外すことができます。

また、2017年モデルからフロアシートの1/4をジッパーで土間にすることができるようになりました。 この機能により、土間スペースに薪ストーブを置いたり、汚れたブーツを置くことができます。

2018年モデルより、室内から天井部のベンチレーションが開閉できる新機能「Internal Apex Vent Control」が装備されています。 また、煙突ポートが標準装備されているので薪ストーブの使用も可能です。




カイオワ初キャンプ

窓多いし風も避けれられるし
優秀だな

ロケーション抜群

曇りでしたが仕事が休みだったので雪でびしょ濡れのカイオワ様の乾燥ついでに、
幕男の初張りとカイオワとタープコネクターでの連結をしてきました。

カイオワと並べると小さい印象でしたが、軽いし理想的なサイズ感でした。

@jurassic_camper さんの#タープコネクター も想像以上に使い勝手が良く、
久々のタープ張りでしたが短時間で張れました。

ポールはありあわせの250cmをつかいましたが、280cmがやはり良さそう。
色は黒が良さそう。

鬼クソピン張りってやつは今回は無理。
これでもポール、ミシミシいってた。

皺ももうちょい調整必要。

何よりカイオワのポールと幕男とのロープが長すぎて連結の意味がないのはご愛嬌。また調達しましょう。

カイオワと一緒に使うかは場所を選びそうなので、他の小さめテントでなんて妄想しつつ、春を待ちます。

気に入りました。

——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。