class="post-template-default single single-post postid-1877 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

フロンティアストーブプラス薪ストーブデビュー・キャンプ写真/ブログ

薪ストーブデビューもうね、暖か過ぎて外に出たくない。笑
ずっと見てられる。癒し
2枚目、3枚目はドキドキの穴開けの瞬間…笑

 

View this post on Instagram

 

Shihoさん(@mogu_a_land)がシェアした投稿

薪ストーブ:フロンティアストーブプラス

薪ストーブの本場イギリスからやって来た日本初上陸のFrontier Stove(開拓者ストーブ)です。本体の総重量がなんと約10.15㎏と軽量なポータブル薪ストーブ。いつでもどこでも薪さえあれば調理可能で暖も取れます。天板も広いのでフライパンや鍋も2つ置く事が可能です。 折り畳み式コンパクトに収納が出来きますのでスペースを取りません。煙突も胴体に収納出来ます。長めの薪も入れる事が可能。 是非、キャンプのお供にいかかがでしょうか。 薪ストーブの本場イギリスからやって来た日本初上陸のFrontier Stove(開拓者ストーブ)です。本体の総重量がなんと約10.15㎏と軽量なポータブル薪ストーブ。いつでもどこでも薪さえあれば調理可能で暖も取れます。天板も広いのでフライパンや鍋も2つ置く事が可能です。 折り畳み式コンパクトに収納が出来きますのでスペースを取りません。煙突も胴体に収納出来ます。長めの薪も入れる事が可能。 是非、キャンプのお供にいかかがでしょうか。 仕様書 全体の寸法 高さ:2,410mm (本体+煙突) 奥行:835mm(脚の部分含む) 横幅:550mm 重さ:約10.15kg 収納時の寸法 高さ:192mm 奥行:450mm 横幅:250mm 備品寸法 煙突径:60mm 煙突の長さ:410mm x 5本 ドアの大き: 155mm ドア開口部大きさ: 140mm

アウトドアブランド「ANEVAY(アネヴェイ)」は、2003年にイギリスにて設立されました。 その原点は、発展途上国向けに暖を取って煮炊きもできる頑丈な「ストーブ」を製造すること。災害の現場で必要とされているモノを熟知した John Henderson ジョン・ヘンダーソン をディレクターとして、設立以来、様々なシチュエーションで活躍するハイクオリティなアイテムを開発しています。現在は、スカンジナビアのライフスタイルを意識した大自然と調和するための製品開発に力をいれています。そんな ANEVAY が初めて一般向けのアイテムとしてデザインしたのが旧モデルの Frontier stove です。携帯性に富んだコンパクト設計とスタイリッシュなデザイン性は、既存のキャンパー達や、ラグジュアリーなグランピングスタイルを愛する新たな層のキャンパー達にも支持され、世界的に人気を博しました。 そんな Frontier stove の後継モデルがこの「 Frontier stove plus 」です。旧モデル Frontier stove との変更点は、サイズが一回り大きくなり、煙突の径も変わったこと。また、新たにガラス窓が正面にデザインされ、スパークアレスターと5本の煙突がセットになっています。煙突やドアの見直しによってエアフローを改善することで、燃焼効率を高める工夫がなされています。テントの内外で暖をとったり、ストーブの上で調理をしたりと、これまでのキャンプスタイルを格段に便利に、そしてオシャレに演出してくれます。




——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。