class="post-template-default single single-post postid-2358 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

ノルディスク・ウトガルドの幕内はスノーピーク/レインボーストーブ

おはようございます
前回キャンプより今年初のストーブ使いはじめました。
レインボーストーブ明るいので幕内でランタン不要です。
2枚目写真は幕内レインボーストーブのみです
ウトガルド+ストーブ+循環ファンで薪ストーブの出番無いかもです。

(スノーピーク)snowpeak sp-kh-001bk ストーブ/スノーピーク レインボーストーブ ブラック/KH-001BK
○ 種類:自然通気型開放式石油ストーブ/しん式・自然対流型
○ 点火方式:電池点火(単二型乾電池2個・別売)
○ 使用燃料:灯油(JIS1号)
○ 最大燃料消費量:2.5kW(0.243L/h)
○ 暖房出力:2.5kW
○ 油タンク容量:4.9L
○ 燃焼継続時間:約20時間
ブランド:snowpeak/スノーピーク 商品:スノーピーク レインボーストーブ ブラック サイズ:サイズ:W388×D388×H485.7mm 本体重量:6.2kg/梱包時重量:7.7kg 油タンク容量:4.9L カラー:ブラック 詳細:スノーピーク製のシェルター(リビングシェルなど)・2ルームシェルター(ランドロックなど)内でも使えるレインボーストーブ。寒い時期のキャンプを快適に過ごせます。 燃料:灯油(JIS1号) 着火方法:電池着火(単二乾電池2個 別売) ※下記ご同意の上、ご購入下さい。 ・キャンプでご利用の場合は、スノーピーク製のシェルターもしくは2ルームシェルター内でお使いください。 ・キャンプの際、囲いの無い状況で使用すると風などの影響による、炎が出て危険です。 ・テント内での使用は酸素不足による不完全燃焼の恐れがあり危険です。絶対に使用しないでください。 ・タープ(側面にパネルのあるタープも含む)内での使用は、風の影響により、異常な炎が出て危険です。使用しないでください。 ・シェルター内で使用できる台数は1台限りです。 ・ストーブ天板を使っての調理には向きません。 ・灯油を入れた状態での運搬は禁止です。

特殊なガラス加工で七色のグラデーションの燃焼炎
水平器を搭載したレインボーストーブ。本体上部のシェードで足元を照らせる仕様。リビングシェルなどのシェルターやランドロックなどの2ルームシェルターに対応。本体寸法は幅388mm×奥行き388mm×高さ485.7mm。重量は約6.2kg。種類は自然通気型開放式石油ストーブ/しん式・自然対流型。点火方式は電池点火(単二型乾電池2個・別売り)。使用燃料は灯油。最大燃料消費量は2.5kw。油タンク容量は4.9L。燃焼継続時間は約20時間。耐熱普通筒しん採用。耐熱自動消火装置(しん降下式)搭載。

 

View this post on Instagram

 

DANさん(@dankikaku)がシェアした投稿

NORDISK(ノルディスク) コットンテント ウトガルド
●Utgard 13.2 Technical Cotton(ノルデイスク ウトガード 13.2 テクニカルコットン)は、綿混紡で作られたファミリーテントです。 ●家で泊まる感覚に一番近く、広々とした空間で快適に過ごせます。 ●家族、友達、グループでの旅行やキャンプでの使用に最適です。 ●カーテンは取り外し可能で、完全に閉鎖することができます。 ●6人用ですが、最大8人まで寝ることが可能です。 ●少人数の場合は半分は寝る場所、もう半分はリビングエリアとして使うことが出来ます。 ●各端に2つの窓があり、テントの下のほうにもう二つ小さな窓があります。 ●リーズナブルで軽量なテクニカルコットン(Technical Cotton)素材を採用。 ●人工ポリエステル糸の強さとコットンの自然の特徴を組み合わせた堅牢なファブリックです。 ●撥水処理がほどこされており、雨もしっかり防ぎます。 ●2つの入口と、沢山の窓があります。 ●メッシュのドアと窓付き。 ●ポールの高さは調整可能。




——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。