class="post-template-default single single-post postid-2114 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

笑’sフォールディング薪ストーブ 『G-spⅡ』後継モデルはG-neo

今週末はコイツの出番かなぁ
薪が足りないなぁ…

 

View this post on Instagram

 

カズクマさん(@kazu_kuma_)がシェアした投稿

後継モデル:笑’sフォールディング薪ストーブ 焚き火の箱G-neo

2017年度焚き火の箱『G-spⅡ』の扉が改良となり『G-neo』に改名!!
改良点は扉自体の構造を見直し新設計!扉自体で上下ダブルロック!!(特許出願中)
また扉を開けながら上にずらし最上部のスリットに引っかける事により、
扉下部より吸気が出来ます!
そして面倒な扉レバーを無くしました。
その他、正面側板の天板ロックレバーの爪を深めに改良。

こちらの商品は年間数量限定生産品です。
現場状況により1年間の生産台数を決めお出ししております。
在庫切れの場合は製造が出来ないとお考えください。
また、予約も承る事が出来ません。
申しわけございません、どうかご了承ください。

※本製品はビギナー向けではありません。
使用にはテントへのダメージ等、ある程度のリスクまたご使用にあたり創意工夫がともなってまいります。
予めご了承の上ご購入ください。

奥行き390mmで一般的な薪がくべられる、国産初のフォールディング薪ストーブ。(たぶん)
正面の扉と左右どちらにも合う側板片方に耐熱ガラスを採用
側面から暖炉のように炎が見られます。
ロストルにはステンレスと断熱材を使用。
ロストルの下に灰受け皿を設けてありますので牽き出して灰の処理が可能。

※灰処理は必ず本体が完全に冷めてから行ってください。
笑’sの特徴である、蝶番レス溶接レスも健在です。

※断熱材が濡れると乾くまで時間が掛かりますので断熱ロストルの水洗いはしないでください。

※本製品は品質向上の為予告なしに改良仕様の変更を行う場合もありますのであらかじめご了承ください。

※本製品は加工過程において製品またガラスも含め若干の傷及び汚れ等がついてしまう事がありますが、
ご使用上問題ありません、あらかじめご了承ください。

※転倒防止の為、必ずペグダウンしてお使いください。
(ペグ、ロープ等は付属しておりません。)
※本製品は基本的に屋外用です。
海外等のストーブインストールがOKなテントやテント内での焚き火が可能なテント以外ではご使用にならないでください。

※ガラスは気温や炉内の温度また燃やす薪(木材等)の種類により曇る事があります。
(特に接着剤を含む建築廃材等は絶対に燃やさないでください!!ガラスが曇るだけでなく排気口を塞ぎ重大な事故に繋がる恐れがあります。)

※煙突及びバッファープレートは別売りです。
(燃費は良いが寒くて外してしまったというご意見から別売りにしております)
※本体のみではご使用いただけません。

◆収納サイズ: 約400mm×230mm×70mm(煙突別)
◆組立サイズ: 約490mm(脚開き巾)×235mm×380mm(煙突別)
◆炉サイズ  : 約390mm×220mm×165mm
◆重量    : 約5.3kg(煙突別)

◆材料   : 0.8mm厚ステンレス板・ステンレスリベット
        : ロストルステンレス断熱材
        : 耐熱ガラス(日本製)
◆静止耐荷重: 10kg

出典:笑’s-sho’s- ONLINE SHOP




——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。