class="post-template-default single single-post postid-4743 single-format-standard l-sidebar--type2 l-header--type2 l-header--type2--mobile l-header__fix l-header__fix--mobile guest">

キャンプ・メスティンレシピ買いました!写真/ブログ

「メスティン」
メスティンに憧れてメスティンレシピ買いました!
アルミのペラペラで引っ付くのが嫌やなぁと思って、非常に高価なコーティングを施工して貰いました‼︎効果の程はこれから
小さいのに、優れた可愛い道具が大好きです。

取手付きアルミ製飯ごう(メスティン)です。小物入れにも便利です。熱伝導率の高いアルミ製のため、熱が全体に回り、アルコールバーナーでもごはんが大変美味しく炊けます。

トランギア
トランギアの定番モデルの多くは厳選された高品質のアルミニウムで作られています。アルミニウムは、軽量かつ強靭な素材で熱を素早くかつ均一に伝えるため、調理の際にフライパンやソースパンの中央部分だけが焦げ付いてしまうようなことはありません。 何年も長持ちするトラブルフリーのクッキングシステムを求めているユーザーに最適な素材です。




 

View this post on Instagram

 

Takahiko Shiomiさん(@403.taka)がシェアした投稿

1925年、トランギア社はJohn E.Jonssonによって創設されました。若い頃から優れた技術と先鋭的なデザイン力を持ったJohnは、農業に従事することから離れ、会社を興します。これが、耐風性に優れたストーブを何世代にもわたり作り続けるトランギア社の始まりでした。当初は家庭用のクックウエアを生産していましたが、1930年代になると労働者の休日が増え始め、余暇を過ごすためのキャンピングギアへの需要が高まります。これを契機にキャンプ料理のための製品開発へと主軸を移すことを決ます。
1938年、Johnの2人の息子OlleとErikが加わります。
そして、1951年にストームクッカーの最初のプロトタイプが開発されます。そのコンセプトは、燃料として最も効率的であった液体燃料を使用し、使いやすくそして、コンパクトで料理がしやすいストーブであることでした。
1970年代、トランギア社にErikの息子、BengtとLennartが加わり、現在はBengtがCEOとして、Lennartが技術開発責任者として手腕を振るっています。このようにトランギアの豊かな創造力は、4世代に渡り引き継がれています。

 

View this post on Instagram

 

メスティンマニアさん(@mestinmania)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

メスティンマニアさん(@mestinmania)がシェアした投稿


——————————————————————————————–
【Instagram #キャンプでブー】から最新リアルなキャンプ情報を毎日更新!
キャンプ写真・用品・ご飯・焚火・テント・キャンプ場情報・キャンパーインタビュー・犬連れキャンプなどのアウトドア情報を数多く掲載しております。ぜひ他のページなどもお楽しみください。
——————————————————————————————–










通報する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。